主に、Virtual PC, Virtual Server, Hyper-V の情報

Virtual Server 2005 R2 で仮想化の準備

 仮想化技術には ハイパーバイザ型 と ホストOS型 があります。
 Virtual Server 2005 は ホスト OS 型。

Virtual PC および Enterprise Desktop Virtualization
http://www.microsoft.com/japan/virtualization/solution-product-vpc.mspx
Intel VT, AMD-V
http://www.atmarkit.co.jp/fsys/kaisetsu/085intelvt/intelvt.html
ネットワーク負荷軽減テクノロジ
http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=2694
 Windows Server 2003 Feature Packs
 http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2003/downloads/featurepacks/default.mspx
 Microsoft Windows Server 2003 Scalable Networking Pack のリリース
 http://support.microsoft.com/kb/912222/ja

 Windows Server 2003 Service Pack 2 と Windows XP x64 Service Pack 2
 http://www.microsoft.com/japan/technet/windowsserver/sp2/overview.mspx
 ※ SP2 で Scalable Networking Pack が適用される。


 The Cable Guy – 2005 年 11 月
 次世代の TCP/IP スタックのパフォーマンスの拡張機能
 http://www.microsoft.com/japan/technet/community/columns/cableguy/cg1105.mspx
 The Cable Guy – 2005 年 12 月
 Windows TCP/IP の短命で、予約され、ブロックされたポートの動作
 http://www.microsoft.com/japan/technet/community/columns/cableguy/cg1205.mspx

仮想化とパーティション分割
http://www.microsoft.com/japan/whdc/system/platform/virtual/default.mspx
Virtual Server 2005 R2による仮想環境活用術
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060811/245756/
第5回 クラスタリングで可用性を向上  
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20061010/250240/
Microsoft Virtual Server 2005 を使用した Microsoft Windows Server 2003 の 2 ノード クラスタの作成と構成
http://www.microsoft.com/japan/technet/prodtechnol/virtualserver/deploy/cvs2005.mspx
Microsoft Virtual Server 2005 R2
http://www.microsoft.com/japan/windowsserversystem/virtualserver/default.mspx
 Virtual Server 2005 R2 究極活用ガイド
 http://download.microsoft.com/download/6/f/f/6ff609b3-7ffb-4aa7-8c4d-c2b0ed982820/WSW01_VS2005R2.pdf

 ・127GBを超えた VHD のマウント
  IDE は 127GB まで SCSI は 2TB までマウントできるので、SCSI としてマウントさせる。
  IDE よりも SCSI の方が速度が速いので SCSI を選択する。
  その場合、セットアップ時は F6 で SCSIドライバを高速なものを選択(FD イメージで収録されている)
  セットアップ後の場合は SCSI ドライバを追加してドライバを更新し、SCSI ドライブとしてマウントさせる。

 ・ドメインコントローラに Virtual Server 2005 R2 をセットアップした場合
  アクセス権関連のエラーが発生する(無視しても問題ない)

  回避するにはサービスプリンシパル名を手動登録
   SETSPN -A vssrvc/NetBIOSコンピュータ名 NetBIOSコンピュータ名
   SETSPN -A vssrvc/フルコンピュータ名(FQDN) NetBIOSコンピュータ名
   SETSPN -A vmrc/NetBIOSコンピュータ名:VMRCポート番号 NetBIOSコンピュータ名
   SETSPN -A vmrc/フルコンピュータ(FQDN)名:VMRCポート番号 NetBIOSコンピュータ名
  を実行し「NETWORK SERVICES」アカウントのアクセス許可を設定する
   Active Directoryユーザーとコンピュータ>表示>拡張機能
   「Domain Controllers」OUの下に表示されるドメインコントローラのプロパティ
   から「セキュリティ」タブを開き、「NETWORK SERVICES」アカウントのアクセス許可
   を表示して、「サービスプリンシパル名への検証された書き込み」を「許可」
  に設定する。

 ・ホスト OS のシャットダウンのタイムアウト値を変更
   HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control
   WaitToKillServiceTimeout
   240000(20000)
 ・物理的に別のドライブを用意し、NTFS 圧縮機能とボリュームシャドウコピーを無効にしておく。
 ・Virtual Server 管理 Web サイト のデフォルトポートは TCP/1024
   http://FQDN(またはコンピュータ名):1024/VirtualServer/VSWebApp.exe?view=1
 ・VMRC サーバはデフォルトで TCP/5900
   vmrc://FQDNまたはコンピュータ名:VMRCサーバポート/
   サーバの切り替えは Ctrl + 左右の矢印キー
   Virtual Server 管理 Web サイトの左ペインにある「Virtual Server」の中から
   「サーバのプロパティ」を開くと確認出来る

 補足
 ・ゲスト OS のインデックスサービスは停止した方がよさげ。
 ・ホスト OS のシャットダウンや再起動に、やたら時間がかかってないかもチェックしたほうがよさげ。


IIS 6.0 でホストされた Web アプリケーションを構成する場合、 SPN を使用する方法
http://support.microsoft.com/kb/929650/ja
仮想サーバー パフォーマンスを向上させる方法。
http://support.microsoft.com/kb/555975


 ・突然落ちる。> IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL 
   http://support.microsoft.com/kb/910835/
   http://support.microsoft.com/kb/818501/
    IE 7 のフィッシング詐欺検出機能を無効にすると直った。
    http://support.microsoft.com/kb/934819/
 ・環境による?
   リモートデスクトップ接続すると、ブルーバックが出るっぽい。
     RDPWD.SYS 
   STOP: 0x000000D1 (0xE2AC9000, 0x000000FF, 0x00000001, 0xF3E6620C)
   http://support.microsoft.com/kb/890554/
   リモート コンピュータのクラッシュ制御設定を確認する方法。
   http://support.microsoft.com/kb/556010
 ・ホスト OS のネットワークプロパティをいじると、子が通信不能になる。(再起動が必要に)
 ・イメージファイルを移動させた場合に再マウントできない。
   \Documents and Settings\All Users\Application Data\Microsoft\Virtual Server\Virtual Machines\
    にあるショートカットを削除すると、再マウントできるようになる。 

 ・Virtual PC や Virtual Server でゲストとして Linux カーネル 2.6.24 以降を入れる場合にて
  リセットを繰り返す場合は、noreplace-paravirt というカーネルパラメータが必要。


Virtual Server 2005 R2 Service Pack1 の日本語版提供開始
http://blogs.technet.com/osamut/archive/2007/06/13/virtual-server-2005-r2-service-pack1.aspx
Windowsテクノロジ徹底解説 Microsoftの仮想化技術「Virtual Server 2005」を最大限に活用するための10のヒント
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20070612/274460/
次世代PCが変える企業セキュリティ
http://itpro.nikkeibp.co.jp/csirt/
VistaにVirtual ServerをインストールするためのIIS7設定
http://blogs.technet.com/osamut/archive/2007/06/13/vista-virtual-server-iis7.aspx

 SP1 になって AMD-V、Intel-VT のハードウェア・アシスタントがサポートされました。
  有効にするには options.xml の <enable_hw_assist> キーの値を true にする
 Volume Shadow Copy Service に対応しました。
  An update for Windows Server 2003 enables the Ntbackup.exe tool to log an event if the backup media is full
  http://support.microsoft.com/kb/925694
  ボリューム・シャドウ・コピーを有効にするとWindows Server 2003が起動できなくなる不具合、修正プログラムあり(KB931312)
  http://bbs.hotfix.jp/ShowPost.aspx?PostID=6980
   Windows Server 2003 は、ボリューム シャドウ コピー サービスが有効な場合、開始されないことがあります。
   http://support.microsoft.com/kb/931312
 VHD Mount ユーティリティが用意されました。
  コマンドラインツールの vhdmount を使って VHD ファイルのマウント(オフライン)が可能になりました。
 Windows Server 2003 R2 SP2, Windows Server 2008 がサポートされました。
 
 Windows7 や Windows Server 2008 R2 では diskpart を使って VHD ファイルをマウントできます。
 定義ファイルを用意しておくと楽でしょう。
 例)vhdmount.txt
   |sel vdisk file="c:\HDD.vhd"
   |attach vdisk
   diskpart -s vhdmount.txt


Microsoft Virtual Server 2005 R2 SP1 更新プログラム
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=a79bcf9b-59f7-480b-a4b8-fb56f42e3348

 更新ファイルで XP SP3, VISTA SP1, 2008 Server に対応しました。

VMRCplusでVirtual Server 2005を効率よくリモート管理する
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/902vmrcplus/vmrcplus.html
 VMRCPlusを使う場合、Web の管理ツールが不要な場合は Virtual Server のインストール時に
 カスタムインストールで Web の管理 UI をインストールしない設定も出来ます。


 ●Windows Server 2008 R2 や Windows 7 に Virtual Server をインストール

  MMCを起動してグループポリシーからローカルコンピュータを選択
  アプリケーションの互換性を開き
  コンソールルート
  ‐ローカルコンピュータポリシー
   ‐コンピュータの構成
    +ソフトウェアの設定
    +Windows の設定
    ‐管理用テンプレート
     ‐Windows コンポーネント
      アプリケーションの互換性 <ここまで潜る
     +コントロール パネル
     +ネットワーク
      プリンタ
   +ユーザーの構成

  ・プログラム互換性プロパティーページを削除する 有効
  ・アプリケーションの互換性エンジンをオフにする 有効
  ・プログラム互換性アシスタントを終了する    有効

  再起動後、Virtual Server のインストーラーを実行。

  ついでに
  Virtual PC http://www.microsoft.com/windows/virtual-pc/default.aspx
  これはハードウェア依存の仮想化に対応していないと使えませんのでその場合は
  Windows 7 に Virtual PC 2007 SP1 をインストールする事になります。
  この場合も同じ手順で動かす事ができます。
  
  ※Windows 7 の Virtual PC は、仮想化技術に対応していなくても利用できるようになりました。
   Windows 7の「XPモード」の動作条件が緩和 仮想化技術に非対応のパソコンでも利用可能に
   http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20100319/1023745/
   Windows XP のモードで Windows の Virtual PC のハードウェア補助による仮想 Windows 7 を実行しているコンピューターに関するエラー メッセージ
   http://support.microsoft.com/kb/977206/

失敗しない仮想化導入予算の策定方法
http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1007/05/news07.html
仮想化で電力消費をこんなに抑えられる!
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0706/21/news009.html
可用性を高めたりするとホストにするサーバのコストが逆に高くついたり…
(運用コストを含めてサーバの初期コストは全体の 20% 程度らしいですけど)

Virtual Server 移行ツールキット に関してよく寄せられる質問
http://www.microsoft.com/japan/windowsserversystem/virtualserver/evaluation/vsmtfaq.mspx
Hiroshi Okunushi's Blog ☆ミ : 【仮想化】 Virtual Server 2005 R2 リソースキット
http://blogs.technet.com/hirookun/archive/2007/07/01/virtual-server-2005-r2.aspx
Microsoft Virtual Serverのバックアップ――注意点と対策
一筋縄ではいかないMicrosoft Virtual Server 2005のバックアップ方法を幾つか紹介する。
http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/0707/09/news02.html
I/Oの仮想化は仮想化技術に欠けていた最後のピースか?
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0707/09/news009.html
Microsoft Services for Network File System パフォーマンス チューニング ガイドライン
http://www.microsoft.com/japan/technet/itsolutions/interop/sfu/perfnfs.mspx
Microsoft Virtual PCに脆弱性情報、セキュリティ企業が公開
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1003/17/news020.html


VMware、仮想PC作成・実行ソフトのサーバー版「VMware Server」を無償公開
http://www.forest.impress.co.jp/article/2006/02/06/vmwareserver.html
VMwareはPCよりも安全か - 米IBM Internet Security Systems
http://journal.mycom.co.jp/news/2007/10/01/031/
実践! Xenで実現するサーバ統合(1)
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/xen01/xen01a.html
仮想マシン上での動作にOSを最適化するには?
http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/0809/30/news02.html
Virtual PC を使用して Windows XP Embedded のデモを行う方法
http://www.microsoft.com/japan/msdn/embedded/xpesp2/tchHowToDemonstrateWindowsXPEmbeddedUsingVirtualPC.asp
従業員の仮想デスクトップ、企業の半数以上が把握できず
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0810/22/news029.html

仮想化環境向けストレージ構成のチェックポイント
http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/0710/24/news02.html
Virtual Serverによる仮想化
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20070921/282737/
仮想ネットワークを構成する
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc816585(WS.10).aspx
「仮想ネットワーク」をソフトウェアで構築し、クラウドを越えた仮想マシンの移動に成功。NTT − Publickey
http://www.publickey1.jp/blog/11/ntt_1.html
サーバ仮想化技術をおさらいしよう:KVM徹底解説 第1回 - ZDNet Japan
http://japan.zdnet.com/virtualization/sp_kvm2011/35005992/

バックアップのあり方を変える新技術
http://www.atmarkit.co.jp/im/cop/serial/bkupstrategy/03/01.html
第3回 仮想マシン単位のバックアップの課題
http://www.atmarkit.co.jp/fserver/articles/vmbackup/03/01.html
Hyper-V 2.0のライブ・マイグレーションの基礎知識
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/livemig01/livemig01_01.html
Windows Server 2008 R2 機能評価ガイド Hyper-V 2.0 ライブ マイグレーション (PDF、2.39 MB)
http://co1piltwb.partners.extranet.microsoft.com/mcoeredir/mcoeredirect.aspx?linkId=13319374&s1=7e2b0d46-3e50-7f28-fd5c-e968a4a0a89d
Hyper-V : Windows Server 2008 R2 でライブ移行とクラスターの共有ボリュームを使用する
http://co1piltwb.partners.extranet.microsoft.com/mcoeredir/mcoeredirect.aspx?linkId=13319375&s1=7e2b0d46-3e50-7f28-fd5c-e968a4a0a89d
Hyper-V: Live Migration 用のネットワーク構成ガイドが公開されました。
http://blogs.technet.com/osamut/archive/2010/02/27/3315752.aspx
Hyper-V を使用する Windows Server 2008 から Windows Server 2008 R2 へのアップグレードの方法について
http://support.microsoft.com/kb/957256/
Hyper-V 関連ドキュメント
http://technet.microsoft.com/ja-jp/virtualization/dd297510.aspx
Hyper-Vの使い勝手を格段にアップする「Dynamic Memory」を試す 
http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/column/virtual/20100921_394025.html
マイクロソフト、Hyper-VでのサポートOSに「CentOS」を追加
http://www.computerworld.jp/topics/mws/191583.html

[プラットフォーム編]仮想化環境でゲストOSから取得したCPU使用率を信じてはいけない 
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090818/335699/
Windows 7 Home BasicでIE6、IE7、IE8を実行する方法
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/11/25/009/?rt=m&t=o&n=2916
--------------------------------------------------------------------------
イベントの種類:	警告
イベント ソース:	Srv
イベント カテゴリ:	なし
イベント ID:	2012
説明:
データの送信または受信中に、サーバーはネットワーク エラーを検出しました。 
時々発生するエラーは予期されていますが、エラーが頻繁に発生する場合は、 
ネットワーク構成に問題がある可能性があります。エラーの状態コードは返さ 
れたデータ (Word 形式) 内に含まれていて、問題が何か判明する可能性が 
あります。
--------------------------------------------------------------------------
ってなのが、たまに出る?
で、通信が切断されるっぽ。

これが出ると 2008 Server は CPU 負荷率が 100% 近くまで上昇し
heart beat の応答が無くなりハング状態になるようなので

'reboot.vbs
'ハートピードが False になったらリブート
On Error Resume Next
Set objVS = CreateObject("VirtualServer.Application")
Set colVMS = objVS.VirtualMachines
For Each objVM in colVMS
	'objVM.Stateの値説明
	' 0: バーチャルマシンが存在しない
	' 1: オフ
	' 2: 保存済み
	' 3: オン中
	' 4: 復元中
	' 5: 実行中
	' 6: 一時停止
	' 7: 保存中
	' 8: オフ中
	' 9: 復元ディスク適用中
	'10: バーチャルマシンが削除されている
	If objVM.State = 5 Then
		Set objGuestOS = objVM.GuestOS
		If objGuestOS.IsHeartbeating = False Then
			objVM.Reset()
			'WScript.Sleep 300000
		End If
	End If
Next
Wscript.Quit

 Starting a Hyper-V Virtual Machine
 http://blogs.msdn.com/virtual_pc_guy/archive/2008/01/29/starting-a-hyper-v-virtual-machine.aspx
 Shutting down a Hyper-V Virtual Machine
 http://blogs.msdn.com/virtual_pc_guy/archive/2008/01/30/shutting-down-a-hyper-v-virtual-machine.aspx
 
SP2 の適用で安定したっぽい・・・かも?


Hyper-Vの制御
Sub Start (strNmae)
    Dim objWMI, VMList, VM
    Set objWMI = GetObject("winmgmts:\\.\root\virtualization")
    Set VMList = objWMI.ExecQuery("SELECT * FROM Msvm_ComputerSystem")
    For Each VM In VMList
        If VM.Caption = "仮想マシン" then
            If VM.ElementName = strName Then
                VM.RequestStateChange(2)
            End If
        End if
    Next
End Sub

Sub Shutdown(strName)
    Dim objWMI, VMList, VM, objVMShutdown, objRes
    Set objWMI = GetObject("winmgmts:\\.\root\virtualization")
    Set VMList = objWMI.ExecQuery("SELECT * FROM Msvm_ComputerSystem")
    For Each VM In VMList
        If VM.Caption = "仮想マシン" and VM.EnabledState = 2 then
            If VM.ElementName = strName Then
                If Not VM.EnabledState = 32769 Then
                    Set objVMShutdown = objWMI.ExecQuery("SELECT * FROM Msvm_ShutdownComponent WHERE SystemName='" & VM.Name & "'")
                    objRes = objVMShutdown.ItemIndex(0).InitiateShutdown(True,"Scripted Shutdown")
                Else
                    Msgbox "NG"
                End If
            End if
        End if
    Next
End Sub

 Hyper-Vの制御コマンドについて
 http://social.technet.microsoft.com/Forums/ja-JP/hypervja/thread/9474ebd2-1679-4666-ae45-f9e4b1c1fd61


Hyper-V へ移行する場合の注意点。
 Virtual PCやVirtual Serverで作成した場合で「バーチャルマシン追加機能」が
 インストールされている場合は、先にアンインストールしておかないと Hyper-V で
 ブルーバックが出て起動できませんので注意。※Hyper-V2.0で改善されているようです。

 OS付属の仮想マシンをインストールする権利(仮想インスタンス)
 Standard  1
 Enterprise 4
 Datacenter 制限無し

 正式リリースされた Hyper-V を利用するには、プレリリース版をインストールした後
 更新プログラムを適用する http://support.microsoft.com/kb/950050

マイクロソフト、Windows Server 2008の価格を発表
Hyper-VやNAPの搭載でWindows Server 2003よりも割高に
http://www.computerworld.jp/news/sw/96429.html
「VMwareの3分の1のコスト」、MSが仮想化技術「Hyper-V」をアピール
http://www.atmarkit.co.jp/news/200801/25/hyperv.html
Hyper-VとXenは相互運用可能,MSとシトリックスがそれぞれ説明会
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080125/292088/

Linux Integration Components for Windows Server 2008 Hyper-V R2 - 日本語
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=c299d675-bb9f-41cf-b5eb-74d0595ccc5c
Hyper-V 上で CentOS のマウスが使えるようにするには
 http://social.technet.microsoft.com/forums/ja-JP/hypervja/thread/9f060d2d-b855-4cf2-82eb-041d61f59108/
 http://stdman.blogspot.com/2009/03/hyper-v.html
 http://www.arinco.net/blog/?p=765
 http://report.station.ez-net.jp/software/linux/centos/Hyper-V/document.asp
 [Alt]+[F1]でアクセサリ>GNOME 端末
 su コマンドを使って root に。
 yum install kernel-devel kernel-xen kernel-xen-devel
 を実行後に LinuxIC v2.iso をマウントしてファイルをコピー
 mkdir /opt/lic
 cp -R /media/CDROM/* /opt/lic/
 cd /opt/lic/
 ./setup.pl drivers
 reboot
 でOKかな?


Hyper-V の Windows Vista Service Pack 1 管理ツールの可用性は、候補をリリースします。
http://support.microsoft.com/kb/949758/ja
Windows Server 2008 の Hyper-V RC0 版インストール方法
http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2008/virtualization/howtoinstall.mspx
Hyper-V RC1 (Release Candidate 1) 提供開始
http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2008/virtualization/default.mspx
Hyper-Vの仮想マシンを作成する
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/1062hvvm/hvvm.html
第14回 Windows OSに標準搭載された仮想化機能「Hyper-V」
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/winsv2008/14hyperv_01/14hyperv_01_01.html
米MSが仮想化製品「Hyper-V Server 2008」を無償化へ
http://journal.mycom.co.jp/news/2008/09/09/009/
System Center Virtual Machine Manager
http://www.microsoft.com/japan/systemcenter/scvmm/default.mspx
“無償のHyper-V ServerよりもWindows Server 2008が得”、マイクロソフト
http://www.atmarkit.co.jp/news/200809/29/hyperv.html
サーバ仮想化の“不都合な真実” システム統合のカギとなるテクノロジーだが、“落とし穴”に注意 
http://www.computerworld.jp/topics/vt/121589.html

 ちなみに SQL Server 2008 は Hyper-V をサポート。
 Enterprise エディションは物理サーバーライセンスのみで
 無制限に仮想環境にインストールできます。

Hyper-V バーチャル マシン環境でサポートされていない Windows Server システム ソフトウェア
http://support.microsoft.com/kb/958664
仮想マシンのパフォーマンスを損なう4つのイージーミス
http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/0910/28/news03.html
[ITpro EXPO]「仮想化ではダメな理由はほとんどない」,仮想化フォーラム・パネルディスカッション 
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20081015/316955/
仮想化環境導入の実際と構築ノウハウ
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/hv_knowhow01/hv_knowhow01_01.html
仮想ホスト環境で Active Directory ドメイン コントローラをホストする場合の考慮事項
http://support.microsoft.com/kb/888794
Hyper-V の新機能 適用対象: Windows Server 2008 R2
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dd446676(WS.10).aspx
Hyper-V 2.0実践ライブ・マイグレーション術
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/livemig01/livemig01_01.html
Hyper-Vライブ・マイグレーションの構築手順
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/livemig03/livemig03_01.html
Windows Server 2008 R2 Hyper-V Live Migration
http://wp.techtarget.itmedia.co.jp/contents/?cid=3057
Windows Server 2008 R2 Live Migration環境構築ガイド
http://wp.techtarget.itmedia.co.jp/contents/?cid=3715
サーバー仮想化における システム構成ガイド ホワイト ペーパー - 第 2 版
http://technet.microsoft.com/ja-jp/virtualization/ff603844.aspx

Hyper-V 上のゲストOS で ping の結果が変な場合

 ・ゲストOS boot.ini に /usepmtimer スイッチを追加
 ・AMD の CPU のドライバを新しくする
 http://support.microsoft.com/kb/895980/ja


Hyper-V で物理ハードディスクをマウントさせたい場合
 ・HOST マシンでオフラインにしておく必要がある。
 ・1台のHDDは複数のゲストOSからは利用できない。 

Hyper-V 上のゲストOS でパッチ適用後の再起動で、0xc000000f が出て起動出来ない場合
HOSTマシンのディスクの管理から該当 VHD をマウントさせ、CHKDSK -F をして修復する。
修復後はマウントを解除してから ゲストOSを起動する。


仮想マシンが、一般アクセス拒否エラー(0x80070005)で起動出来ない場合

 VHD ファイルに対してマシン ID にでのアクセス権不足。
 icacls を使って更新する。
 利用方法)
  icacls <Path of .vhd or .avhd file> /grant "NT VIRTUAL MACHINE\<Virtual Machine ID from step 1>":F
 例)
  icacls "E:\VMs\VMName\Disk0.vhd" /grant "NT VIRTUAL MACHINE\5FC5C385-BD98-451F-B3F3-1E50E06EE663":F

   Hyper-V 仮想マシンが起動場合があります、およびエラーが発生:「「一般アクセス拒否エラー」(0x80070005)」
   http://support.microsoft.com/kb/2249906
   icaclsコマンドでファイルのアクセス制御リストACLを保存/復元する
   http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/1316icacls/icacls.html
    icaclsコマンドでファイルの所有者を変更する
    http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/1319isetown/isetown.html
    icaclsコマンドでアクセス制御リスト中のメンバーを検索する
    http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/1322ifindsid/ifindsid.html
    
  ちなみに、takeown コマンドを使うとファイルの所有者を自分に変更することが出来ます。


SSD を利用している場合で DISK の節約がしたい場合
1.ベースマシンをシャットダウンし、VHD をコピー。(差分を作成するのに利用するので起動させない事)
2.コピーした VHD から起動して sysprep を実行。(C:\Windows\System32\sysprep\sysprep.exe)
3.完了したら、シャットダウンして VHD に読み取り属性を追加。(VHD が更新されると差分ディスクは機能しなくなる)
4.ベースになる VHD から差分ディスクを作成。(ベースマシンの仮想ハードディスクの新規作成ウィザードを利用))
5.差分から起動。

  Hyper-Vの子パーティションを手早く作る
  http://www.vwnet.jp/Windows/WS08R2/QuickChildPartition/QuickChild.htm


「Windows 7 におけるデフォルト ユーザー プロファイルのカスタマイズ方法 Part 1
〜 Sysprep を使用したカスタマイズ手順 〜」: http://technet.microsoft.com/ja-jp/win7_5mins21.aspx
Windows7 の VirtualPC で USB の FDD をマウントさせる
 Using Floppy Disks with Windows Virtual PC
 http://blogs.msdn.com/virtual_pc_guy/archive/2009/10/01/using-floppy-disks-with-windows-virtual-pc.aspx
Windows 7 でハードウェアの安全な取り外し機能を使用して仮想ハード ディスク (VHD) を切断することができない
http://support.microsoft.akadns.net/kb/973282
Windows Server 2008 の VHD ファイルを管理するときのエラー メッセージ:「A 仮想ディスク プロバイダーを指定したファイルが見つかりませんでした」
http://support.microsoft.com/kb/2013544
[MS10-010] Windows Server 2008 Hyper-V の脆弱性により、サービス拒否が起こる
http://support.microsoft.com/kb/977894
x64 ベースの Windows Server 2008 を実行しているコンピューターが応答を停止します。
http://support.microsoft.com/kb/980081
0x000000A の停止エラーがある場合、大量の Windows Server 2008 R2 または Windows 7 の連続した物理メモリを割り当てることが要求を停止
http://support.microsoft.com/kb/979903
コンピューターが応答を停止したり、Hyper-V Live 移行プロセス中に Windows Server 2008 R2 再起動
http://support.microsoft.com/kb/981618
エラー メッセージ負荷が高い Windows Server 2008 と Windows Vista の場合は停止:"Stop 0x00000050"
http://support.microsoft.com/kb/980135
同じ NTFS ファイル ハンドルを使用してキャッシュされ、noncached の I/O 操作が発生すると、一部のデータが破損しています
http://support.microsoft.com/kb/981166
ネットワーク接続、Windows Server 2003 ベースの Hyper-V 仮想マシンを Windows Server 2008 R2 で一時的に失われます
http://support.microsoft.com/kb/981836
"STOP: 0x0000001a"エラー メッセージ together with Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 インストール Hyper-V の役割は、Intel Westmere プロセッサを搭載したコンピューターで
http://support.microsoft.com/kb/981791
ネットワーク接続が切断された場合、Windows Server 2003 ベースまたは Windows XP ベース仮想マシンはホストでは、Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューター上の
http://support.microsoft.com/kb/2223005
[CD または DVD デバイスが完全に削除が、Windows Server 2008 R2 は、バーチャル マシンでホストされているデバイスを使用する場合に実行されているコンピューター上のデバイスの突然の取り外しを実行した後
http://support.microsoft.com/kb/2307198
Windows Server 2008 R2 が搭載され、AVX 機能をサポートする CPU が搭載されているコンピューター上で仮想マシンを起動できない
http://support.microsoft.com/kb/2517374
Windows Server 2008 R2 で HYPER-V バーチャル マシンにホストされるように Windows の開発者プレビューまたは Windows サーバの開発者プレビューできる更新プログラム
http://support.microsoft.com/kb/2526776
Windows 7 SP1/Server 2008 R2 SP1の新機能「Dynamic Memory」「RemoteFX」
http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/column/virtual/20100621_375068.html
Linux on Hyper-V 最新情報 - Computerworld
http://www.computerworld.jp/blogs/d/200462/Linux%20on%20Hyper-V%20%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1


Hyper-V の CPU 数を 4 個以上に設定するには・・・

 構成 XML ファイルを開いて、、<processors> セクションにある count type を変更する。
 ただし、保障される VP 数の上限数を超えた割り当てをした場合、サポート対象外となり自己責任で運用する事になる。

 Hyper-V におけるゲスト オペレーティング システムのサポート
 http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2008/r2/technologies/hyperv-guest-os.mspx



●VirtualServer から VirtualPCへ  1.VHDファイルを VirtualPCへ(IDE のみ利用可能ですので 127GBまで)    ※ VISTA 以降の OS では ISA バスの Sund Blaster 16 がサポートされてないので      VISTA や Windows7 でサウンドを使いたい場合は      「新しいバーチャルマシーンウィザードで」VISTA を選択すること。 ●VirtualServer から Hyper-V へ  1.バーチャルマシン追加機能 のアンインストール  2.デバイスマネージャからネットワークドライバをアンインストール  3.ローカルエリア接続情報を削除    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Network\{4D36E972-E325-11CE-BFC1-08002BE10318}    Connection\Name で名前を確認し、Connection と 上位のキーを削除。  4.TCP/IPをリセット    netsh int ip reset c:\resetlog.txt  5.VHDファイルを Hyper-V へ(VHDの上限は2TB)  6.統合サービスのインストール ●Hyper-V から VirtualServer へ  1.統合サービスのアンインストール  2.Virtual Server で動いている OS から HAL.DLL を Hyper-V マシンに上書き。    ※ Hyper-V の統合サービスによって HAL.DLL が書き換えられていますので VirtualServer で認識するものに戻してあげる必要があります。  3.Virtual Server へ。 ●Hyper-V1.0 から Hyper-V2.0 へ  1.仮想マシンをエクスポート  2.インポート。    Hyper-V を使用する Windows Server 2008 から Windows Server 2008 R2 へのアップグレードの方法について   Error 0x80070057 が発生する場合について   エクスポートしたフォルダの下にある VirtualMachine フォルダにある .exp ファイルを手動で修正する。   修正箇所は   <INSTANCE   CLASSNAME="Msvm_VirtualSystemGlobalSettingData">   <PROPERTY NAME="ScopeOfResodence" TYPE="string">   <VALUE>   e7668fbc-216e-4ed1-8ce3-3b932b42e22b ←ここのVALUE値を削除   </VALUE>   </PROPERTY> 127GB 以上になっている場合・・・  GUIでパーティションを編集できるフリーソフト「EASEUS Partition Manager」  http://www.forest.impress.co.jp/article/2008/07/11/easeuspm.html  この辺りを使えば、127GB 以下に出来るのでは?(未確認)
VMware ESXi http://www.vmware.com/jp/products/esxi/ VMware Infrastructure 3環境の設計 http://www.atmarkit.co.jp/fserver/articles/vmwaredep/01/01.html ・VM は 違うハードへイメージを移動する場合に CPU 数が違うと OS が起動しなくなったり ・SCSI もしくは SAS が必須で IDE や SATA は使えない VMware ESXi4 vSphere Client を Microsoft Windows 7 上で動かす方法 http://blog.nsp-momo.com/tag/microsoft/ ESXi の状態変化をメールで受け取る http://blog.cles.jp/item/4028 VMware ESXi 4.1のゲストOSとリモート・コンソール間のコピー・アンド・ペースト操作をデフォルトで有効にする方法 http://d.hatena.ne.jp/EijiYoshida/20110127/1296133467 VMware Converter:物理マシンから仮想マシンへの変換ツール - VMware http://www.vmware.com/jp/products/converter/ ※System Center Virtual Machine Manager でも出来ます。  http://www.microsoft.com/japan/seminar/technet/5min/secmgmt/play.aspx  10.デモ2:柔軟なサーバー配置を参照。   SCVMMによって複数のHyper-Vを一元管理する   http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/scvmm01/scvmm01_01.html Backup Exec System Recovery 8.5 http://www.symantec.com/ja/jp/business/backup-exec-system-recovery-desktop-edition ・ESXまたはHyper-Vサーバに直接リストアが可能 第7回 VMware Playerを使う(前) http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/verification/vpcwin07/vpcwin07_01.html エンジニアなら知っておきたい仮想マシンのしくみ http://gihyo.jp/dev/serial/01/vm_work 利用中のPCを丸ごとVMware形式の仮想マシンへ変換「VMware vCenter Converter」 「Virtual PC」「Parallels Desktop」「Norton Ghost」からのインポートにも対応 http://www.forest.impress.co.jp/docs/review/20110518_446325.html
仮想化が増えて困るのが監視方法ですね… [Hyper-V マネージャー] のトレース (Hyper-V UI トレース) について - Ask CORE - Site Home - TechNet Blogs http://blogs.technet.com/b/askcorejp/archive/2014/12/29/hyper-v-hyper-v-ui.aspx Microsoft社がHyper-VホストからVMをデバッグするLive Debuggingツールをアップデート(20101019-4) http://virtualization.info/jp/news/2010/10/microsoft-updates-live-debugging-tool-to-debug-virtual-machines-from-a-hyper-v-host.html 仮想環境向けキャパシティ管理ツール、ヴイエムウェアが販売開始 http://www.nikkeibp.co.jp/it/article/NEWS/20091019/339099/ サーバ監視、何使ってる? http://slashdot.jp/askslashdot/article.pl?sid=08/11/07/0556214 高添はここにいます : Hyper-V Security Guide が登場 http://blogs.technet.com/osamut/archive/2009/04/07/3223013.aspx System Center Virtual Machine Manager(SCVMM) http://www.microsoft.com/japan/systemcenter/scvmm/solutions/management.mspx Hyper-V Server 2008 R2ってどう? 〜新バージョンの実力と使い方〜 http://www.computerworld.jp/topics/mws/167409.html 自分が実際に管理するならどっちを使いたい? Hyper-V vs VMware 統合管理ツール対決 http://enterprisezine.jp/article/detail/2100 VMwareに一日の長あり? サーバ仮想化製品の公開技術情報を比較する http://enterprisezine.jp/article/detail/2101 パフォーマンス・モニタでCPUとディスクのロード・アベレージを表示させる http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/1346loadave/loadave.html Windows起動中に5分ごとのノンストップバックアップ&仮想ハードディスクファイルへの変換も可能な「Acronis True Image Home 2010」 http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100914_acronis_trueimage_home_2010/ 一筋縄ではいかない、VMware仮想化環境でのバックアップとリストア http://wp.techtarget.itmedia.co.jp/contents/?cid=1793 VMwareインフラとMicrosoft仮想サーバでのデータリカバリ実装ガイド http://wp.techtarget.itmedia.co.jp/contents/?cid=2016 「仮想化構築サービス」サーバ仮想化を活用したシステム導入事例 http://wp.techtarget.itmedia.co.jp/contents/?cid=1971 Hyper-Vによるサーバ仮想化、貴社に最適のシステム構成は? http://wp.techtarget.itmedia.co.jp/contents/?cid=1920 Windows Server 2008 Hyper-V 検証結果に基づくベストプラクティスのご紹介 http://wp.techtarget.itmedia.co.jp/contents/?cid=1995 実環境でHyper-Vを利用するための物理サーバから仮想マシンへの移行ガイド http://wp.techtarget.itmedia.co.jp/contents/?cid=2014 マイクロソフトサーバ製品のログ監査ガイド http://wp.techtarget.itmedia.co.jp/contents/?cid=3058 VMC to Hyper-V Import Tool Available http://blogs.technet.com/matthts/archive/2008/09/12/vmc-to-hyper-v-import-tool-available.aspx EasyVMX!: Virtual Machine Creator http://www.easyvmx.com/ Windows Server 2008 R2 ベースの Hyper-V サーバーで、ハイパーバイザーが正しくタイマー サービスを提供しない http://support.microsoft.com/kb/2740390 修正プログラムを偶発的なアドレスが、Windows Server 2008 ベース ハイパー V ホスト コンピュータ上の Vmwp.exe プロセスのクラッシュを入手できます。 http://support.microsoft.com/kb/970089 NUMA アーキテクチャを使用する Windows Server 2008 ベースまたは Windows Vista ベースのコンピューターで Hyper-V バーチャルマシンを起動しようとすると、エラー メッセージ:「中のバーチャル マシン VMNAME 状態を変更にエラーが発生しました」 http://support.microsoft.com/kb/953585 Windows 7 または Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューターのシャットダウン、再起動、またはログオフを行うと遅延が発生する http://support.microsoft.com/kb/975777 Windows 7 または Windows Server 2008 R2 でデスクトップの背景として単色を設定した後、ログオン プロセスで 30 秒間ようこそ画面が表示される場合がある http://support.microsoft.com/kb/977346 Windows Server 2008 R2 の Hyper-V でレガシー ネットワーク アダプターを使用している場合、MAC アドレスのスプーフィングを無効に設定しているにもかかわらず、ネットワーク アダプターに対して MAC アドレスの変更が可能になる http://support.microsoft.com/kb/978525 Windows Server 2008 R2 の Hyper-V で 仮想的なリムーバブル メディア デバイスにイメージ ファイルや物理ドライブを指定した状態で仮想マシンをエクスポートして Hyper-V 管理の GUI からインポートすると警告メッセージが表示される http://support.microsoft.com/kb/977905 いくつかは記憶装置への I/O 要求のフォールト トレラント ストレージ デバイスへのパスを 1 つの突然の取り外しを行うときに Windows Server 2008 R2 を実行しているシステムが失敗します。 http://support.microsoft.com/kb/2406705 サーバー内の“見えないLAN”を知る http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20110317/358422/  IRQ の 割り当てに NIC と eSATA ボードをが割り当てられていて、ポートマルチプライヤで 10台の DISKを利用すると  I/Oの帯域不足で通信もDISKアクセスも不安定になるっぽい。  DISK の 書き込みが遅い場合は注意した方がいいかも。1ヵ月後に不安定になったり・・・ Windows Vista 用の Hyper-V リモート管理更新プログラム (KB952627) http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=bf909242-2125-4d06-a968-c8a3d75ff2aa&DisplayLang=ja Windows Vista Service Pack 2 管理ツール for Hyper-V 用更新プログラム (KB970203) http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=551a9b83-241b-4e86-b329-441374ddcf23&DisplayLang=ja Windows Vista for x64-based Systems 用の Hyper-V リモート管理更新プログラム (KB952627) http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=88208468-0ad6-47de-8580-085cba42c0c2&DisplayLang=ja Windows Vista Service Pack 2 管理ツール for Hyper-V for x64-based Systems 用更新プログラム (KB970203) http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=d826c426-9690-4ca8-82ba-25f60f1057f6&DisplayLang=ja Windows 7 用のリモート サーバー管理ツール http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=7d2f6ad7-656b-4313-a005-4e344e43997d&DisplayLang=ja  ワークグループにインストールする場合は  ・サーバーマシン名と IP アドレスが正しく名前解決できる  ・サーバーに同じ管理者アカウントがあること(パスワードも)  ・クライアント端末で Dcomcnfg.exe を実行して、「COMセキュリティ」の「ANONYMOUS LOGON」に「リモートアクセス」のアクセス許可を与える 【仮想化】 ワークグループ環境の Hyper-V 環境をリモートから管理(続き) http://blogs.technet.com/hirookun/archive/2009/02/09/3199000.aspx Hyper-V Server 2008導入ガイド + Q&A[Part2] http://www.computerworld.jp/topics/mws/157370-2.html サーバ仮想化環境のバックアップ 普通に取るか丸ごと取るか http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1002/23/news02.html Hyper-VクラスタにおけるVMの状態同期と構成ファイルの問題 http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1002/18/news05.html 60%の仮想サーバが物理サーバより“危険”な状態――Gartnerが指摘 http://www.computerworld.jp/topics/vt/176889.html 2012年時点では仮想化されたサーバの60%は元の物理サーバより危険(20100316-5) http://www.virtualization.info/jp/2010/03/20126020100316-5.html やっぱり気になる導入コスト対決はHyper-Vに軍配? http://enterprisezine.jp/article/detail/2179 Hyper-VとVMwareのケーススタディで学ぶサーバー仮想化導入コストの実際 http://enterprisezine.jp/article/detail/2212 仮想化環境の品質を可視化する製品Hyper-V監視ツールの無償版が提供開始 http://www.atmarkit.co.jp/news/201006/04/vestat.html 米VMware、仮想環境向けセキュリティ製品群「VMware vShield」を発表 http://journal.mycom.co.jp/news/2010/08/31/086/index.html
Windows Server 2008 R2 SP1 Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 では、リモート デスクトップ仮想化ホストのサービスを実行しているドメイン コントローラー上で新規および既存の RemoteFX を有効にした仮想マシンは開始されません。 http://support.microsoft.com/kb/2506417 RemoteFX を有効にした仮想マシンを起動しようとするとエラー メッセージ:"Microsoft (合成) 3 D ディスプレイ コントローラー: エラー 'が不足していますシステム リソース、要求されたサービスを完了するには、存在の' の電源に失敗" http://support.microsoft.com/kb/2505694 高可用性の VM は、Windows Server 2008 R2 SP1 フェールオーバー クラスター内にディスクを追加した後で読み取り専用のパススルー ディスク http://support.microsoft.com/kb/2501763 RemoteFX VM が起動せず、し、エラーが表示される"マイクロソフト (合成) 3 D ディスプレイ コントローラー: 失敗しました電源を"HYPER-V の設定から RemoteFX の 3D ビデオ アダプターを追加しようとしたとき http://support.microsoft.com/kb/2505030 HYPER-V サーバーのディスプレイアダプターが変更されている場合 Windows サーバー 2008 R2 Service Pack 1 で、RemoteFX の仮想マシンを起動できません。 http://support.microsoft.com/kb/2506434 Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 で、RemoteFX の仮想マシンを起動できず、し、エラーが表示される: エラー 'が不足していますシステム リソース、要求されたサービスを完了する存在と' 失敗した上で電源を http://support.microsoft.com/kb/2506391 "0x20001" Stop error when you start a Linux VM in Windows Server 2008 R2 SP1 http://support.microsoft.com/kb/2550569
VHD ブート環境  STOPエラー 0x0000007B が出る場合は STATA を変更   HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\Msahci   値の名前 : Start   値の型 : DWORD   値 : 0  後の SATA モードを Windows Server 2008 ベースの AHCI 仕様を使用するディスク デバイスを変更したり、Windows Vista ベースのコンピューター、コンピューターまたは特定のアプリケーションにランダムに 60 秒間以上応答を停止します。  http://support.microsoft.com/kb/977323/  ブート ドライブの SATA モードを変更した後で Windows Vista ベースのコンピュータを起動すると、エラー メッセージ "STOP 0x0000007B INACCESSABLE_BOOT_DEVICE" が表示される  http://support.microsoft.com/kb/922976/  AMD チップセットを Msahci.sys ドライバーの更新プログラムがリリースされています。  http://support.microsoft.com/kb/974073/  Windows 7の仮想ハードディスクがスゴイ!  手軽にOSテストもできるVHDってナンだ!?  http://www.computerworld.jp/topics/win7/151010-1.html  VHDブートを活用する3つのシナリオ  http://www.computerworld.jp/topics/win7/151249.html  VHDテスト時のトラブル解決&リカバリ  http://www.computerworld.jp/topics/win7/151689.html  USBメモリからのVHDブートは可能か!?  http://www.computerworld.jp/topics/win7/151889.html  マルチブートなテスト環境を構築する  http://www.computerworld.jp/topics/vt/152049.html  ブート構成データ(BCD)ストアを理解すれば VHDブート は簡単  http://blogs.technet.com/junichia/archive/2009/10/26/3289120.aspx  Hyper-V から VHD Boot への移行  http://blogs.technet.com/junichia/archive/2009/11/02/3290721.aspx  VHD Boot した Windows7 で XP Mode が使えるか  http://blogs.technet.com/junichia/archive/2009/11/02/3290772.aspx  VHD ブートの設定方法 〜 北陸コミュニティ勉強会フォロー  http://blogs.msdn.com/tomohn/archive/2009/07/23/vhd-boot-settings-tips.aspx  VHDブート は敷居が高いと思っている方へ 〜もしかしてbcdedit が苦手ではないですか?〜  http://blogs.technet.com/osamut/archive/2010/03/10/3317880.aspx    1.Windows7 をクリーンインストール  2.Disk2vhd を使って VHD イメージを作成。  3. ディスクの管理から、作成した VHD イメージをマウント  4.bcdedit もしくは BCDBOOT を使ってブート一覧に追加。> EasyBCD ベータ版がリリースされました。    VHD ブートでの実験環境の出来上がり。Sysprep しておく必要があるかも。
次のブート開始ドライバまたはシステム開始ドライバを読み込めませんでした: storflt  ハイパー V を利用していない環境でサービスが起動出来ないエラー?  副作用は無いようですが、サービスを止めておきますか。    管理者権限のコマンドで  C:\Windows\system32<sc config storflt start=disabled  [SC] ChangeServiceConfig SUCCESS
Disk2vhd http://technet.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/ee656415(en-us).aspx  Disk2vhdツールで物理ディスク環境をVHDファイルに変換する  http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/1228disk2vhd/disk2vhd.html 「Windows 7」マイグレーションのためのP2Vツールを開発するマイクロソフト http://japan.cnet.com/sp/allaboutms/story/0,3800105597,20419989,00.htm 【Windowsお悩み相談室】 第20回 Sysprepで致命的なエラー? Disk2vhd利用時の注意点 - Computerworld VHDからの書き戻し。 何かツールある? ImageXツールを使えばハードディスクをイメージ化してWIMファイルを作成、WIMからの展開が可能みたいですけど…  ディスク内容全体を救出するには?  http://www.computerworld.jp/topics/mws/165609-5.html WIMからVHD  Windows Image to Virtual Hard Disk(WIM2VHD)Converter  http://code.msdn.microsoft.com/wim2vhd VHDからWIM(ソフトについては未確認)  WindowsWiki  http://www.windowswiki.info/tag/vhd2wim/  単純に ImageX 使ってコンバートできるみたい。VHDをドライブとしてマウントすればいいだけか・・・    ImageX と Windows イメージング形式 (WIM) を使用した Windows Vista ディスク イメージング  http://technet.microsoft.com/ja-jp/windows/aa905070.aspx  Windows 7/Windows Server 2008 R2でVHDファイルを直接マウントする  http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/1231vhdmount/vhdmount.html  ネイティブ ブート仮想ハード ディスクをブート メニューに追加する  http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dd799299(WS.10).aspx XP で VHD をマウントしたい場合は  Virtual Server 2005 R2 SP1  http://www.microsoft.com/japan/technet/prodtechnol/eval/virtualserver/default.mspx  をダウンロードして、セットアップ時に「VHD Mount」だけ選択します。   Virtual Server 2005 R2 Service Pack 1 では、Vhdmount.exe ツール VHD ファイルを Windows Server 2003 ベース、Windows Server 2008 ベース、または、Windows Vista ベースのコンピューターをすべてボリュームをマウントできない場合があります。   http://support.microsoft.com/kb/943487/ja   948515 Virtual Server 2005 R2 SP1 の更新プログラムの適用後、Vhdmount.exe ツールを使用してマウント VHD ファイルをしようと問題が発生します。   http://support.microsoft.com/kb/953482/ja  ファイルのインストール先はデフォルトで %PROGRAMFILES%\Microsoft Virtual Server\Vhdmount\  マウントは以下のコマンドを実行。  vhdmount.exe /p ファイル名.vhd  結果を反映 vhdmount.exe /c ファイル名.vhd  結果を破棄 vhdmount.exe /d ファイル名.vhd  ※ 実際のHDD容量を上回るサイズの書き込みを行うとその瞬間にハングしたりするらしい  ※ /f オプションを用いてマウントすることで内容への変更が直接反映されます。  ※ /u でアンマウント。  ※ マウント前に VHD ファイルのバックアップをとっておくこと。  Windows 7の仮想HDD(前編)──ネイティブブートVHDのメリット  http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1003/10/news01.html
127GB 以上ある VHD を縮小したい場合。  DISK2VHD を使って HDD の イメージを作った場合に、元の HDD が 127GB 以上あって困った、、、とか  空の VHD を 100GB で作成したけど、20GB にしたい場合など、、、  1. 縮小は [可変長ディスク] でしか実行することができませんので    固定の場合は、まず可変長に変換します。( Hyper-V マネージャー から変換可能です)  2.コマンドを起動し、DISKPART を実行します。  3.VHD をマウントして COMPACT VDISK で縮小します。    例)  C:\>DISKPART  DISKPART>SELECT VDISK FILE="C:VDISK.VHD"   DiskPart により、仮想ディスク ファイルが選択されました。  DISKPART>COMPACT VDISK   100% 完了しました   DiskPart により、仮想ディスク ファイルは正常に圧縮されました。  DISKPART>EXIT  DISKPART>COMPACT VDISK  4.次に ディスクの管理を使って、VHD ファイルをマウントし、限界までパーティションを切ります。  5.新しく VHD を容量固定で必要なサイズで作成します。  6.VHD を切断して、GEST マシンに VHD をマウントします。  7. DISK の複製ツールをダウンロードしてきます。    EASEUS Disk Copy    http://www.easeus.com/  8.複製します。  ※他にも色々方法はあると思います。   物理DISKをマウントすれば、書き戻す事も可能でしょう。。。   VHD の作成なども DISKPART を使えば可能です。  【レビュー】すぐに使えるリカバリシステム5つ  http://journal.mycom.co.jp/articles/2010/08/10/system-recovery-system-5/  仮想マシンを実行している Windows Server 2008 R2 ベースまたは Windows 7 ベース コンピューターをバックアップするときの"0x0000007E"STOP エラー  http://support.microsoft.com/kb/2299380  ImageX を使った方法は以下を参考に。  容量固定VHD起動ディスクの縮小について  http://social.technet.microsoft.com/Forums/ja-JP/hypervja/thread/5df82a91-3173-4fec-a1e5-b3c27fd926d5
Hyper-V VMM サービス自己署名入りの証明書の有効期限を確認するには  コマンドから mmc.exe を実行し「スナップインの追加と削除」から「証明書」を追加。  「サービス アカウント」で「ローカル コンピューター」を選択し  「Hyper-V Virtual Machine Management」を選んで完了。  Vmms\個人 まで展開して証明書をダブルクリック。  ※このファイルのプロパティを開けば、この証明書の有効・無効を設定できる。   イベント ID 53 Hyper-V バーチャル マシンにインストールされている Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューターでログオンしています。   http://support.microsoft.com/kb/977756   更新プログラム AD RMS クライアントからアプリケーション マニフェストの有効期限機能を削除するのには   http://support.microsoft.com/kb/979099
Microsoft iSCSI Software Target 3.2 (x86 and x64) を Windows Server 2008 や R2、Windows7 で利用する・・・  Windows Storage Server 2008 には標準で iSCSI ターゲット用のアプリケーションが付属されています。  これが利用できると仮想 DISK として VHD ファイルが利用できるようになります。    Microsoft iSCSI Software Target 3.2は MSDN サブスクリプションからダウンロードできます。  (加入している場合は Storage Server 2008 もダウンロード出来ますが・・・)   ちなみにストレージサーバではデフォルトでパスワードが設定されていて   (Tool の ヘルプにパスワードが書かれていますが)「 wSS2008! 」となっています。   DELL や HP 等では独自のデフォルトパスワードを設定しており   (公式サイトにパスワードは書かれています)「 Stor@ge! 」「 hpinvent 」  そのままでは、インストールできませんので、Orca を利用して Windows インストーラ ファイルを編集します。      Orca データベース エディタを使用して Windows インストーラ ファイルを編集する方法    http://support.microsoft.com/kb/255905/ja    Orca で iscsitarget.msi を開き、LaunchCondition の IsSupportedSKU="1" を 0 に変更。  これで、インストールが可能になります。  iSCSI のテスト環境になりそうですね。  iSCSI イニシエーター セットアップのソフトウェア プログラムが期待どおりに既定のオプションを選択しません。  http://support.microsoft.com/kb/977506  停止エラーは、iSCSI 記憶域に接続されている Windows サーバー ベースのサーバーが発生した、ときにメモリ ダンプ ファイルは生成されません。  http://support.microsoft.com/kb/974922  Windows Server 2008 および Windows Server 2008 R2 環境に、遅延 ACK が有効に設定されたネットワーク環境と iSCSI 接続されたストレージを持つ場合、  一般的な操作をするとシステム イベント ログに iScsiPrt のエラーが出力される  http://support.microsoft.com/kb/981482  Windows Vista または Windows Server 2008 iSCSI デバイスから CHAP 認証を使用しているコンピューターを起動すると、エラー メッセージ:"Stop 0x0000000A"  http://support.microsoft.com/kb/979551  同じデバイスを Windows Server 2008 R2 ベースまたは Windows 7 ベースのコンピューター上では、iSCSI のネットワーク アダプターまたはマザーボードを交換すると"0x0000007B"STOP エラー  http://support.microsoft.com/kb/2344941  On a Microsoft Windows Server 2008 R2 Fail over cluster with a Hyper-V guest with many pass-through disks, the machine configuration may take some time to come online  http://support.microsoft.com/kb/2020559   Windows XP および Windows Server 2003 で TCP ACK の動作を制御するための新しいレジストリ エントリ   http://support.microsoft.com/kb/328890   遅延 ACK を無効化   HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\<Interface GUID>   値の名前 : TcpAckFrequency   値の型 : REG_DWORD   値 : 1 (デフォルト値:2, 有効な範囲:0 〜 255)  仮想ストレージプール & ネットワークRAID。  事例で知る“ストレージクラスタリング”の導入成果。  http://special.nikkeibp.co.jp/ts/article/a00a/104842/  フリーで使えるもの   StarWind Free iSCSI Target   http://www.starwindsoftware.com/free  eSATA でホットプラグを使い 2 台以上接続して Hyper-V で(物理ハードディスクを直接)使用している場合  繋いでいる HDD が不調になると HOST マシンを巻き込みますのでご注意。。。  ※ eSATA は長く使用している場合にケース電源の出力不足で動作が不安定になったり、その影響で DISK が壊れたり・・・  【Windowsお悩み相談室】 第19回 巨大なVHDをコピーできない! コマンドでPCをスリープさせるには? - Computerworld   http://www.computerworld.jp/topics/560/Windows%20Server/200676/%E7%AC%AC19%E5%9B%9E%20%E5%B7%A8%E5%A4%A7%E3%81%AAVHD%E3%82%92%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%AA%E3%81%84%EF%BC%81%20%E3%82%B3%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%89%E3%81%A7PC%E3%82%92%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%81%95%E3%81%9B%E3%82%8B%E3%81%AB%E3%81%AF%EF%BC%9F?page=0,0  DISK I/O っぽいですね・・・   【レビュー】HDDの故障をチェックする方法   http://journal.mycom.co.jp/articles/2010/09/06/hdd-health-check/   ネットワーク接続、実行中の HYPER-V 仮想マシンを紛失すると、Windows サーバー 2008 R2 SP1 を実行しているコンピューターで大量の送信ネットワーク トラフィックの下で   http://support.microsoft.com/kb/2263829/  【結論】 Microsoft iSCSI Target を無償提供  http://blogs.technet.com/b/osamut/archive/2011/04/05/3418776.aspx    無料にしちゃった。これはすごい。  導入する場合は NIC のチーミングとセットで。  Supported and tested Microsoft iSCSI Software Target 3.3 limits  http://support.microsoft.com/kb/2535811/  重要なのは物理NICのチーミング  http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20110317/358426/?r2  FCoEや設定自動化で管理を容易に  http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20110329/358842/  Windows may fail to boot from an iSCSI drive if networking hardware is changed  http://support.microsoft.com/kb/976042/en-us
ゲストのバックアップ  Hyper-V のゲスト上で OS 標準の Windows Server バックアップを利用する場合、ホストの負荷率に注意。  VHD に バックアップを取る設定で運用している場合、一時的にかなりの高負荷になるようで。。。  運用によっては、ホストからゲストの VHD をバックアップするのが良いかも。
SID のリセット方法  リセットするには、 Sysprep ツールを使う。  Windows Vista には標準でついてくる( %SYSTEMROOT%System32\Sysprep )  詳しくはこのあたりで。  http://search.microsoft.com/results.aspx?q=Sysprep&l=1&mkt=ja-JP&FORM=QBME1  Sysprep を使用してコンピュータをエンド ユーザーに出荷できる状態に復元する方法  http://www.microsoft.com/japan/windowsxp/pro/using/itpro/deploying/restore.mspx  sysprepで環境複製用のマスタ・イメージを作成する  http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/553sysprep/sysprep.html  オブジェクトを識別するSIDとは?  http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/307sid/sid.html Windows 自動インストール キット (AIK) がダウンロード可能に http://blogs.technet.com/osamut/archive/2006/11/20/windows-aik.aspx ついでに。 Windowsのプロダクトキーを表示する http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0706/25/news052.html
XP MODE  XP Mode と Active Directory ドメインの関係 その5 - 複数のドメインユーザーでXP Modeを共有する手順  http://blogs.technet.com/junichia/archive/2009/11/16/3294036.aspx
オープンソースの仮想PCソフトウェア「VirtualBox」 VMwareやMicrosoftの仮想PC製品に匹敵する無償ソフトウェア http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/0907/10/news01.html デスクトップ仮想化がもたらす柔軟で堅固なIT基盤 http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1005/07/news01.html どれを選ぶか 3大ベンダーのデスクトップ仮想化技術比較 http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1005/18/news01.html どれを選ぶか 3大ベンダーのアプリケーション仮想化技術比較 http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1008/09/news02.html KVM仮想化機能、IPA評価結果公表 http://journal.mycom.co.jp/news/2010/07/09/024/index.html  KVM徹底入門 Linuxカーネル仮想化基盤構築ガイド  http://www.seshop.com/product/detail/12214 オープンソースの仮想化管理ツール「Karesansui」新版、サーバー監視やストレージプール機能に対応 http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/20100726_382798.html Rackspace,自社のクラウドプラットフォームをオープンソースに http://www.infoq.com/jp/news/2010/08/Rackspace-OpenStack 普及期に入った中小企業のセキュリティ対策 http://pc.nikkeibp.co.jp/article/column/20100510/1024752/ 「みんなで渡れば怖くない」をそろそろやめよう http://pc.nikkeibp.co.jp/article/column/20100524/1025083/ クラウド時代のセキュリティ確保 http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1005/21/news02.html Windows 7: セキュリティと保護 http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dd571075(WS.10).aspx クラウド環境におけるシステム監視と運用の最適化 http://wp.techtarget.itmedia.co.jp/contents/?cid=2936 第3回 Windows OSや仮想化の経験者ニーズが高まる見通し http://jibun.atmarkit.co.jp/lcareer01/rensai/saiyo/03/01.html 平成21年度 産学連携ソフトウェア工学実践事業報告書の公表について http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/joho/downloadfiles/2010software_research/sangaku_software_houkokusho.html 国内クラウドサービス市場は「万能説」から「適材適所」の訴求で拡大---IDC予測 http://japan.zdnet.com/news/internet/story/0,2000056185,20420638,00.htm
ソフトウェアルーター「Vyatta」の日本ユーザー会が発足 http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20100602_371636.html フロッピーディスクイメージを作成し保存する「Virtual Floppy Drive」 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20100720/350414/
クライアントHyper-V − @IT http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/productreview/win803/win803_01.html ネットワークを激変させるという「OpenFlow」って何だ? - 週末スペシャル:ITpro http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20120208/380420/?ST=security
VHDX VHDX Format Specification v0.95 公開 - 高添はここにいます - Site Home - TechNet Blogs http://blogs.technet.com/b/osamut/archive/2012/06/17/3504261.aspx Hyper-V 3.0の新ファイル形式「VHDX」の基礎知識 − TechTargetジャパン 仮想化 http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1208/27/news05.html Hyper-V 仮想ハード ディスク フォーマットに関するテクニカル プレビュー http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/hh831446.aspx クライアントHyper-V − @IT http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/productreview/win803/win803_02.html [Windows Server 2012] Hyper-V の VHDファイルを VHDXファイルに変換する http://www.ipentec.com/document/document.aspx?page=windows-server-2012-hyper-v-convert-from-vhd-to-vhdx&culture=ja-jp 仮想化が利用できるかチェックするアプリ。 https://www.grc.com/securable.htm 【Windows Server 2008】Hyper-V に展開した Server Core の画面サイズを変更する http://blogs.technet.com/b/junichia/archive/2008/07/04/change-resolution-of-server-core-on-hyper_2d00_v.aspx クラウドOSに進化するWindows Server 2012 R2 - 新機能【その1】Hyper-V ハイパーバイザー:ITpro http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20131101/515512/
Broadcom や Realtek NIC で速度が出ない場合の対策。 仮想マシン ネットワーク接続が切断 Broadcom NetXtreme を使用する場合は、1 ギガビットのネットワーク アダプター VMQ を有効にする場合は、Windows Server 2012 HYPER-V ホスト上の仮想マシンのパフォーマンスの問題をネットワークします。 仮想マシンの通信速度遅延 - VMQ 無効化手順 - - Ask the Network & AD Support Team - Site Home - TechNet Blogs W2K8R2 または W2K12 Hyper-V ホスト上の Broadcom NIC を使用した仮想マシンから外部への通信速度が遅い | Dell 日本 エディションの Windows Server 2008 R2 のコア上の Nic の初期化をできません。
修正パッチ HYPER-V のエクスポート機能は Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 で使用可能なメモリをすべて消費します。 OffloadWrite は全体の Windows Server 2012 または Windows Server 2012 R2 HYPER-V ホストに VHD の PrepareForCriticalIo を行う
Windows Server バックアップによる Hyper-V Host Component のバックアップと復元について - Ask CORE - Site Home - TechNet Blogs http://blogs.technet.com/b/askcorejp/archive/2015/04/28/windows-server-hyper-v-host-component.aspx
TOP メモ全般 DNS と ActiveDirectory 関連 Windows Server 2003 SP1 関連 リモートデスクトップ 関連 WSC 関連 SMTP 送信関連 IIS 関連 ASP 関連 VHD 仮想化関連(ここ)